インフルエンザは感染力が強いですが、きちんと予防をしておけば、流行しているときも健康でいられます。

インフルエンザ流行中でも健康でいるために

インフルエンザ流行中でも健康でいるために

インフルエンザが流行していても健康でいるために

健康に気遣っている人は非常に多いですが、それでも病気になってしまうものにインフルエンザを挙げることができるでしょう。毎年何十万人、何百万人もの日本人が感染してしまうほどの厄介な病気です。そのインフルエンザをただの風邪だと思っている人は大勢いらっしゃいますが、それは間違いです。一般的な風邪とは、ウイルス感染によって上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)を中心に症状が現れます。一方、インフルエンザは感冒と同じようにウイルス感染ですが、こちらはインフルエンザウイルスのみの感染を言います。なぜ他のウイルスと別にされているかと言うと感染したときの症状が急激に風邪のような症状が出るとともに腹痛・嘔吐・下痢といった胃腸症状が伴うことが多く、最悪のケースでは肺炎・インフルエンザ脳症、そして、死亡してしまうケースもあります。そして何よりも感染力が強いことでも知られています。インフルエンザを決して甘く見るべきではありません。

そのインフルエンザに対して一番にすることはまず予防が重要だと言われています。まず体内の免疫力を高めることで、仮にインフルエンザウイルスが侵入してきてもすぐに体内で対処してくれます。その意味ではインフルエンザワクチンも大きな期待ができるところがあります。また、最初からインフルエンザウイルスが侵入してこないようにする方法もあるのです。それは、手洗いやマスク、そして大勢の人々が集まるところにいかないことも有効な予防方法の一つと言えるでしょう。ちなみに昔はウガイもインフルエンザに効果的と言われてきましたが、科学的に立証されていないため国や行政として勧めていることはありません。そして、意外に忘れがちな室内の換気も定期的に行うことが重要です。このようにインフルエンザの予防をしっかりと取っておけば、インフルエンザが流行していても感染・発病することはなくなりますし、元気に過ごしていくことができるようになるでしょう。

おすすめ情報